読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱帯夜

canon 5DmarkⅢ TAMRON SP 85mm F1.8 VC おでかけ 東京 ストロボ

おまるです。

暑いですね。この時期からこんなの暑くて8月は一体どうなってしまうのでしょうか。。
ナメクジみたいに溶けてしまわないか心配です。
 
夜になれば涼しくなるだろうと見込んでストロボと三脚を担いで新宿へ。。
見込みは外れて汗だくの撮影になりました。

f:id:omaruphoto:20160709201312j:plain

夜間撮影

f:id:omaruphoto:20160709201350j:plain

日が完全に落ちてからのポトレは初めてでした。
それにしても暑い!モデルさんの顔にも汗が滲みます。でもそこにストロボ光が当たると結構いい感じな気がします!
 
撮影イメージの参考にネットで色々漁っているとすごく魅力的なページにたどり着きました。
全部の写真がカッコよすぎて、こんな風に撮れるようになりたい!と思っていたら、恐れ多くもイルコさんのホームページでした。

 

かっこいいなー。

見えない光

f:id:omaruphoto:20160709201423j:plain

言わずもがなですが、ストロボはシャッターを切ってみるまでどのように光が当たるのか見えません。
もちろんある程度想像してシャッターを切るのですが、経験の浅い自分は全く予想ができない。
ストロボの発光量を調整して何回も何回も撮り直します。
 
もしかしたらイルコさんみたいに撮れるかも!と淡い期待を抱いていたのですが、全く歯が立たず。経験不足でした。
 
ただ、強すぎる光はどうしようも出来ませんが、弱い光は現像でなんとかできるかも。その場ではストロボが当たっているかどうかわからないぐらいでも、現像で光の強さを調節すれば、それっぽくなることがわかりました。一つお勉強になりました。

定常光を求めて

f:id:omaruphoto:20160709201454j:plain

ストロボ撮影に疲れてきたので定常光を求めて。
これは、大きな案内板のパネルの光を使いました。これもイルコさんのホームページで仕入れました。
イルコ様様です。
 
案内板は結構光が強いので少し離れても十分明るく撮れます。ずーっと光ってるので見たまんまシャッターが切れるし。。
ただ、光の色に注意しないと、ものすごく不健康に見えたりします。あと、虫になった気分になります。

f:id:omaruphoto:20160709201527j:plain

夜間の撮影は初めてでしたが、昼間とは全く違う雰囲気の写真が撮れて楽しかったです。
今までと違う写真が撮れると現像するのもワクワクしますね!
 
これからの季節、日中の撮影はなかなか厳しい季節になりますので、夜間撮影及びストロボ撮影強化月間にしようかなと思います!
モデルさんも募集中です!よろしく!

f:id:omaruphoto:20160709201612j:plain

 
omaruphoto