読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GWは棚田に行こう。(TAMRON SP 35mm&85mm F1.8 VC )

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」

おまるです。

本日はGW谷間の平日で出勤されている方も多いのではないでしょうか。
自分もカレンダー通りの出勤ですが、頭の中はもう次の休みでいっぱいです。

GW前半のメインイベントは千葉にある「大山千枚田」での写真撮影です

皆様の楽しいGW後半戦の参考になればと思います。

f:id:omaruphoto:20160502194634j:plain

大山千枚田

千葉県の山奥にあります。
山奥と言っても都内からはアクアラインを利用して約二時間前後で行けてしまうお手頃感。
道中険しい山道もなく、気軽に絶景が楽しめるとってもいいスポットです。

GWは田植えの直前に当たるそうで、苗を植える準備のために田んぼに水を引いているそうです。
水面に綺麗に反射する写真を撮れる期間は案外短いかもしれません。

ちなみに有名な姨捨山の棚田は一ヶ月遅れの5月末頃に水を張るそうです!

夜明け前

                          f:id:omaruphoto:20160502194528j:plain

深夜1時ごろ到着しました。
月も小さくあたりは真っ暗ですが、街路灯はついているので何も見えないという状況ではありませんでした。
写真の方はF5.6~8、ISO感度1600~2000くらいに上げて、30秒シャッターを開ければ何とか撮れる感じです。AFは全く機能しません。

撮影ポイントとしては中腹のあたりと最上部にありますが、この時間帯は街路灯の光が強く、最上部での撮影はあんまりおすすめできないかもしれないです。

太陽の気配

f:id:omaruphoto:20160502194709j:plain

午前4時頃でしょうか。
正面の山が開けたあたりが赤らみはじめました。
この時間帯はらどんどん人が集まる始めますので、いい場所を確保したい方は3時過ぎには現地入りしておくのがいいかと思います。

ちなみに車はこの写真の真ん中左よりから登ってきますので、タイミングが悪いとヘッドライトの光線が写ります。

日の出

f:id:omaruphoto:20160502194814j:plain

早朝5時ごろご来光です。
同じ構図に飽きたので最上部に移動してみました。
左のほうに小さく写っているのが先ほどまでいた場所になります。

真っ暗な中で幻想的に映り込む棚田もいいですが、緑と水色の爽やかな雰囲気もすごく良かったです。

ここまでは全て「TAMRON SP 35mm F1.8 VC」にて撮影です。

寄り道たくさん

f:id:omaruphoto:20160502195134j:plain

このまま帰っても十分満足ですが、時間はまだ早朝。1日はこれから始まります!

来た道とは少しルートを変えて養老渓谷方面へ。朝風呂に入ってから小湊鉄道に沿ってアクアラインを目指します。

おすすめは「上総鶴舞駅」絵に描いたようなノスタルジックな雰囲気で、CMやドラマのロケにも多く使われているそうです。

f:id:omaruphoto:20160502195233j:plain

f:id:omaruphoto:20160502195239j:plain

(TAMRON SP 85mm F1.8 VC)

海ほたるで昼食を食べて15時には川崎市の自宅に到着です。
ここまで全く渋滞にはまることなく快適な撮影旅行ができました。
GWでくすぶっているカメラマンの方!おすすめですよ!

f:id:omaruphoto:20160502194541j:plain

omaruphoto